最近の投稿
最近のコメント

    DQN 芋虫のデリヘル草加

    「ベッドのそばに持ってきて、すわれ」「なぜ?」彼は女の顔をひっぱたいた。見たことがないほど根深い恨めしさが目に浮かんだ。だが、その恨めしさは別のものも運んできた。精通した一儲寛だ。言泰刀は彼女の理解できる言葉なのだ。シェリルはベッドから下りると、椅子をとりにいき、それを持ってきた。「すわれ」そうした。ウィルは拳銃を置き、ベルトで彼女の上体を椅子の背に縛りつけると、バックルを締めた。バスルームの物入れからテリークロスのローブのベルトをとってきて、それで椅子の脚に彼女の両足を縛りつけた。やっぱり草加 デリヘルでもって「悲鳴をあげるわよ」と、シェリルが言った。有名な草加ばっかり「あげたまえ。力いっぱい叫んでいいぞ。それから風俗界の女王に、朝になっても身代金が手に入らないわけを説明しろ」「あんた、自分の子供を殺す気?」彼女は正気をなくした男に話すような言い方をした。超然とした非現実的一感覚がウィルをつつんだ。「憶えてるか?これまでの医者はなにもできなかったし、ぼくがきみにできることもなにもない、と言ったな?」シェリルはぽかんとした顔をした。いつか草加に対し「そうだつけ?」「それは薗遅ってる。昨夜のぼくの講演を忘れたのか?」彼女は思い返すように唇を噛んだ。「立て」ウィルが命じた。「なんでよ」ウィルはワルサーを左手に持ちかえると、右手で女の腕をつかんだ。関節炎が痛まなかったので驚いた。モルヒネのような績誇堀佐用をもつ内閃怪物質エンドルフィンが、脳から通常値の五倍ぐらい汲みあげられているに違いない。「ぼくのベルトをとれ」「なにそれ」「やれ!」彼女は手をのばして、ベルトの金具をはずした。詞抜きとるんだ」「どういうこと?」「ベルトだ。真の草加からなにしてる、ベルト通しから抜くんだよ」手に入れようが入れまいが、それには関係なく」「そんなことしないわ!」「カレンがそうだと言えば、そうなんだ」「風俗界の女王イは奥さんにそんな伝言を送らせたりしない。